AGE研究協会公式サイト

糖化と老化とAGE。老化予防は食事で決まる。

「論文」の記事一覧

AGEと薄毛

AGEと薄毛の関係

AGEが薄毛の一因に AGEと薄毛の関係の研究論文です。論文は英語のため、日本語にて簡潔に要約しています。上の図を見ながら読んで下さい。薄毛の簡単なメカニズムを説明します。 毛乳頭細胞(DPC)について 毛乳頭とは、髪の […]

RAGE-aptamerに関する論文

2017年11月に発表された論文です。 原文はこちら(英文です) https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29387865 (※下記、グーグルによる翻訳です) RAGE-アプタマーは、ヌー […]

Sq2に関連する論文

スルフォラファンは、試験管内において終末糖化産物(AGE)形成を抑制する 【要約】 慢性的な高血糖状態では、還元糖による蛋白質や脂質のアミノ基の非酵素的糖化反応が進み、循環血液中や組織で終末糖化産物(AGE)が促進的に形 […]

イリドイド植物の抗糖化研究

『イリドイド』とは馴染みの薄い言葉かもしれません。イリドイド(Iridoid)はファイトケミカルの一種です。一般的な野菜や果実に含まれていないことから、さほど知られていませんが、AGE研究の分野では、近年、研究が進んでき […]