「数字でわかるAGE」先行予約開始

先行予約受付中!
発売日変更のお知らせ

8月5日に決定!

先行予約していただいた方から予約順に順次発送します。

一般発売はお盆明けの予定です。

先行予約特典は継続します。

========================

 人生100年時代の「食のバイブル」
〜数字でわかる老けない食事〜
  「AGEデータブック」
  
全ての原因は糖化にあった!
名医が教える「抗糖化」の新常識。

========================

AGE値を知ることで、AGE制限をすることが可能になります。
今回の新刊は、より詳しく、どの食べ物が高いのか、
どうしたら低くなるかを具体的にお伝えします。

AGEを取り上げている雑誌や本はたくさんでていますが、

食品中のAGE値をこれだけ掲載している本は

世界中探してもありません。

 

hyousi0717.jpg

 

「exAGEハンドブック」はどの食品にどれくらいAGEが含まれているか。
外食する際に目安になる内容でした。

「exAGEハンドブック」の初版から4年が経ち、その間に研究も進み、
今回の新刊は最新のプログラムにバージョンアップされexAGEの値を算出しました。


新刊はexAGE値、エネルギー、糖質、食物繊維、タンパク質、リン、カリウム、食塩相当の表示もあり、
医師、看護師、管理栄養士、料理家などのプロの方々にも使っていただける内容です。
食事制限、カロリー制限、糖質制限などダイエットをしている方々にも参考になる1冊です。

 

人生100年時代の「食のバイブル」。 
この1冊があれば、健康で若々しくいられるための食事法を学ぶことができます。

 

 

内容、あらすじ

食品に含まれるAGEsがカラダにどのような影響を及ぼすか?

AGEと糖尿病、AGEとガンなどAGEと病気のエビデンスを元に解説しています。

AGEs制限をすればどのようにカラダに良いのか?

最新のAGEのデータを1冊にまとめました。

 

今回は約300品目の食品のexAGE値が掲載されています。

 

食品中のAGE値をこれだけ掲載している本は世界初です!

 

目次

■老化と病気とAGE

●「老化の原因物質」AGE(エージーイー)とは
●「AGEをコントロールするためには食生活の改善が必要不可欠」食事由来のAGE(exAGE)
●「老化の新たな指標」老化のマーカーとしてのAGE
●「知っておきたい!」AGEの溜まり具合の目安

ー AGEはこんなに恐い!! AGEと病気について ー

(1)「糖尿病では健康寿命が15年短い!?」 AGEと糖尿病
(2)「2人に1人はがんになる時代」 AGEとがんの関係
(3)「要介護や寝たきりの原因疾患」 AGEと骨
(4)「本人も家族も切実な問題」 AGEと認知症
(5)「歯周病は全身の病気と関係する」 AGEと歯周病
(6)「失明に至る重大な原因疾患」 AGEと糖尿病網膜症
(7)「しわやたるみだけではなく薄毛にも関わる」 AGEと毛

● 食事制限と長寿遺伝子
● AGE制限食のススメ
●「1ヶ月で驚きの結果が!」 1日8,000exAGE制限

●調理法による食材のAGE値の変化
●本書の見方

■exAGEデータ
エネルギー /たんぱく質 /糖質量/脂質/食物繊維総量/カリウム /リン/食塩相当量

●食品編【192項目】
穀類
いも・種実類
豆類
野菜類
果実類
きのこ・海藻類
魚介類
肉類
卵・乳類
油脂・菓子類

●料理編【92項目】
ご飯・パン
麺類
お好み焼き・ピザなど
汁もの・鍋もの
肉料理
魚介料理
サラダ
その他おかず
卵料理

●AGE攻略法
●「老けない体を支える食事」AGEリセットメニュー
●老けない食べ方10のコツ
●AGEをためない機能性食材
●食事で摂取されるリンについて
●AGEを吸着して排出するダイエタリーカーボン
●皮膚の自家蛍光測定器を使用したAGEのエビデンス
●血中のAGEを測定できる検診センター
●AGE研究協会より
●索引
●著者情報

 

rei001.jpg

 

食品中のAGE量をご紹介いたします。
量がわかりやすいように代表的なものは写真付きで表示し、
まとめて一覧表にして掲載します。

 

rei004.jpg

 

今回は同じ食品を生で食べたら○○、蒸して食べたら○○、焼いて食べたら○○、揚げて食べたら○○と比較。

↓調理による食品のAGE値の変化について。

 

rei002.jpg

 

食パンの他、ご飯、肉、魚、野菜、卵などを生→蒸す→焼く→揚げるなどの

調理でどう変化するかを掲載いたします。

 

rei003.jpg

 

どうしても高AGE食品が食べたいときに知っておきたい裏技。

料理(メニュー)については、前回の数値にたんぱく質や糖質などの数値を加え、

さらにAGEを抑えるポイントについても表示しています。

2015年以降に研究が進み、計算式も見直されていますので、若干数値も変更になっています。

 

【先行予約特典】
特典1 送料無料

特典2 10冊購入すると1冊プレゼント!

 

※アマゾンでは先行予約の受付はおこないません。

 

  • サイズ:A5判
  • 134ページ(予定)/オールカラー
  • 発行元:一般社団法人AGE研究協会
  • 監修:山岸昌一 医学博士
  • 価格:1,944円(税込)
  • ※制作進行中の為、数値や文章、写真、デザインに関しましては、変更になることがございます。

 

こんな方にオススメです!
●exAGEハンドブックを購入いただいた方
●医師看護師、管理栄養士、料理研究家、ダイエットサロンなどの仕事をされている方
●アンチエイジングに興味のある方
●糖尿病、糖尿病予備軍の方

 

 

お申し込みはこちら

お電話・FAXでの申込も可能です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

092-753-8855(平日10:00〜18:00)

 

追伸

以前、1ヶ月間AGEを1日8,000exAGEに制限したら、血液検査の結果が劇的に変わり、担当の先生が驚かれました。
HbA1cが下がり、中性脂肪が下がり、コレステロールが下がり、体重と腹囲が減りました。
結果はブログで発表しています。(山本)

 

1ヶ月間でお腹周りがマイナス5cm減りました(石田)

皆様も是非この本を読んで、実践して血液検査の結果に驚いて下さい。

親子3代使える本です!

 

お申し込みはこちら