AGE研究協会ブログ

糖化を抑える食べ物、アンチ「AGE」食品を活用しましょう。

AGEがカラダにたまることをふせぐ対策として、

①食後血糖値を急速に上げない食べ方をする。
②AGE含有量の少ない食品を選ぶ。
③体の糖化反応を抑えるために、なるべく低温で調理する。

そして今回はプラス!


血糖値の上昇を抑える食品の紹介です。
日々の食事にとり入れて、糖化対策、AGE対策をおこないましょう。

オススメ♪
食物繊維を豊富に含む、野菜や果物、ネバネバ食品を意識的に摂りましょう。

【血糖値の上昇を抑える食品】

ほうれん草  ブロッコリー

(野菜)とくに糖化反応を阻害するαリポ酸をという成分を含むホウレン草、
トマト、インゲンなどの緑黄色野菜。中でもブロッコリーは抗糖化反応だけでなく、
抗酸化作用も期待出来るエース的存在です!!
また、ネバネバ食材の納豆、山芋、オクラ、モロヘイヤもおすすめ。

 

いちご

(果物)ポリフェノールの一種である、フィセチン、アントシアニンを含むベリー類。

 

ハーブ  スパイス

 

(その他)きのこ類、海藻類、お茶、生姜、ニンニクなどの香辛料やハーブもおすすめです。

これさえ食べれば!これだけで!・・・なんて食材はありません。
また、良いからといって摂りすぎもいけません。
何ごともバランスが大切です。普段の食事に上手にとり入れましょう。

 

2018/12/14   age_kenkyuu_kyoukai
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください