研究論文他

研究論文他、AGEに関する記事を掲載しています。

RAGE-aptamerに関する論文です。

2017年11月に発表された論文です。


原文はこちら(英文です)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29387865

(※下記、グーグルによる翻訳です)

RAGE-アプタマーは、ヌードマウスにおける悪性黒色腫の増殖および肝臓転移を軽減する。

疫学的研究により、累積糖尿病曝露と癌との関連が示唆されている。進行した糖化最終生成物(AGE)とそれらの受容体(RAGE)との相互作用は、この現象に寄与し得る。本発明者らは、ヌードマウスにおけるG361メラノーマの増殖および肝転移に対するRAGE(RAGE-アプタマー)に対して生じたDNAアプタマーの効果をここで検討した。悪性メラノーマ細胞をヌードマウスの上腹部領域に皮内注射し、42日間まで浸透圧ポンプによりRAGE-アプタマー(38.4ピコモル/日/ g体重)または賦形剤を腹腔内に連続的に投与した。サイクリンD1、血管内皮増殖因子(VEGF)、単球走化性タンパク質-1(MCP-1)、およびCD31のレベルを有意に低下させた(RAGE-アプタマーは、8-ヒドロキシ-2'-デオキシグアノシン、AGE、RAGE、およびMac-3を用いて、ヌードマウスの腫瘍における内皮細胞およびマクロファージのマーカーを同定し、悪性黒色腫の増殖および肝転移を抑制した。さらに、RAGEアプタマーは、G361メラノーマ細胞および内皮細胞の両方において、AGE誘発酸化ストレスの発生、増殖およびVEGFおよびMCP-1遺伝子発現を減弱させた。本発明者らの知見は、AGE-RAGE系の阻害を介して腫瘍血管形成およびマクロファージ浸潤を抑制することにより、RAGE-アプタマーがヌードマウスにおけるメラノーマ増殖および肝転移を減弱させることができることを示唆している。RAGE-アプタマーは、悪性黒色腫の治療のための新規治療ツールであり得る。

2018/04/20   reage

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください