アドバイザー紹介

特別学術アドバイザー

「AGEと老化研究の第一人者」
 山岸 昌一 医学博士

老化の原因物質「AGE」に関する最新データを次々と発表し、
その英文論文数は500報を超える。 世界で最も精力的にAGE研究に取り組んでいる科学者の一人。

 金沢大学医学部卒業。医学博士。内科医。金沢大学医学部講師、ニューヨーク、アルバート・アインシュタイン医科大学研究員などを経て、現在、久留米大学医学部糖尿病性血管合併症病態・治療学講座教授。循環器・糖尿病・高血圧と多岐にわたる生活習慣病領域の専門医として診療に携わる一方で、糖尿病と心臓病の研究から老化の原因物質AGEに着目。最近では、NHK「ためしてがってん」、「あさイチ」、民放「たけしのみんなの家庭の医学」などのテレビ番組にも出演し、名医として紹介される傍ら、「AGEを抑え、老化を防ぐ方法」について一般向けに啓蒙活動も行い、しばしば5大新聞に取り上げられている。AGEに関する医学研究で、アメリカ心臓病協会最優秀賞、日本糖尿病学会賞、日本抗加齢医学会研究奨励賞など数々の医学賞を受賞している。

【所属学会】

日本内科学会(認定医)、日本糖尿病学会(評議員、専門医、研修指導医)、日本循環器学会(専門医)、日本高血圧学会(専門医)、日本内分泌学会(評議員)、アメリカ糖尿病学会、ヨーロッパ糖尿病学会、日本メイラード学会(役員)、日本糖尿病性腎症研究会(幹事)、日本老年医学会 (代議員)、日本抗加齢医学会(評議員)、脳心血管抗加齢研究会(評議員)、神田川腎セミナー(世話人)

【専門領域】

内科学全般、特に生活習慣病の管理、治療、糖尿病学、循環器病学、内分泌代謝学、老年病学、血管生物学

【主な英文論文】

Nature, JCI, JACC, ATVB, Diabetes, Diabetes Care, JASN, Kidney Int, Diabetologia, JCEM, JACC-Imaging, FASEB J, JBC, Am J Pathologyなど500編以上 (インパクトファクター1500点以上、被引用論文回数1万6000回)

学術アドバイザー

太田博明医師

山王メディカルセンター女性医療センター長、
国際医療福祉大学教授

【経歴】

昭和45年 3月 慶應義塾大学医学部卒
昭和51年 6月 慶應義塾大学伊勢慶應病院産婦人科医長
昭和53年 4月 東京電力病院産婦人科副科長
昭和55年 7月 米国ラ・ホーヤ癌研究所訪問研究員
平成2年 9月 慶應義塾大学産婦人科診療医長
平成7年 10月 慶應義塾大学産婦人科助教授
平成12年 2月 東京女子医科大学産婦人科主任教授
平成22年 4月 国際医療福祉大学教授、山王メディカルセンター・女性医療センター長

【所属学会など】

日本骨粗鬆症学会理事長、日本産科婦人科学会名誉会員、日本女性医学学会監事、日本抗加齢医学会理事、更年期と加齢のヘルスケア学会理事 他

兵庫秀幸医師

JA広島総合病院 消化器内科部長 肝臓内科(代謝疾患担当)主任部長

【経歴】

平成4年 3月 広島大学医学部医学科卒
平成4年 6月 静岡県立総合病院内科 医師
平成12年 6月 アルバート・アインスタイン医科大学 肝臓リサーチセンター Research Associateに採用
平成14年 6月 広島大学医学部付属病院 第一内科 医員
平成20年 8月 広島大学病院 消化器代謝内科 診療講師
平成27年 4月 JA広島総合病院 消化器内科部長 肝臓内科(代謝疾患担当)主任部長、佐賀大学医学部臨床教授、佐賀大学医学部非常勤講師、しまなみ奨学財団評議員

【認定医・専門医など】

日本内科学会認定内科医、内科専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定医、日本肝臓学会専門医、日本消化器病学会認定消化器病指導医、日本内科学会指導医、日本肝臓病学会評議員(西部肝)、日本消化器病学会中国支部評議員

【所属学会】

日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓病学会、日本肥満学会、日本糖尿病学会

長沖祐子医師

広島大学病院消化器・代謝内科助教

【経歴】

平成15年 5月 国立国際医療センター 医員(研修医)
平成17年 4月 国立国際医療センター 医員
平成20年 4月 広島大学病院消化器内科 医員
平成25年 4月 東広島医療センター 医員
平成27年 4月 広島大学病院 消化器・代謝内科 助教

【認定医・専門医など】

日本内科学会認定医、日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医

アドバイザー

タカコナカムラ

料理家/一般社団法人ホールフード協会代表

日本CI協会リマ・クッキングで桜沢里真にマクロビオティック料理を師事。渡米。全米を遊学後、Whole Foodの概念に出会う。2006年7月、食と暮らしと環境をまるごと学ぶ、「タカコ ナカムラWhole Foodスクール」を開校。2011年4月大田区洗足池にキッチンスタジオを構える。「塩麹」「50℃洗い」のブームの火付け役としてテレビ・雑誌で活躍。2013年「ベジブロスをはじめよう。」(角川マガジンズ)をきっかけに、「ベジブロス」ブームを起こし、食のトレンドを生みだす料理家として全国を飛び回っている。著書に「塩麹と甘酒のおいしいレシピ」(農文協)「50℃洗い」「都市型保存食」(実業之日本社)「50歳になると、35歳に見える人と65歳に見える人がいるらしい!?」(主婦の友社)「新版タカコ・ナカムラの ホールフードでいこう」(自然食通信社)「ベジブロス」の栄養レシピ(宝島社)「AGEためないレシピ」(パンローリング)などがある。

一般社団法人ホールフード協会のホームページはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

一般社団法人ホールフード協会

LINK リンク